日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

世界経済 日本経済

金融危機への処方箋。リスクの高い金融派生商品よりも国債投資を奨励

投稿日:

世界恐慌

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2019年11月18日(令和元年11月18日)

本日は金融危機に関する個人的意見を感情の赴くままに書きます。

金融危機発生の根本原因とは?

金融危機の原因に関しては様々なご意見があるというのは承知しておりますが、私なりに申し上げますと、安全な金融商品であまり収益を得られないことが原因なのではないかと思っています。

仮に、日本国債の金利が10%だったとしたら、ハイイールド債やデリバティブなどの金融派生商品を購入するでしょうか。

私だったら、日本国債を購入して、ハイリスクな金融派生商品なんぞから距離を取ります。

安全な国債や株式投資などで、収益が得られにくい環境だからこそ、リスクを取らざるを得ないのです。

どんどん国債を発行して、10年物の金利が5%ぐらいになれば、金融派生商品なんて売れなくなります。

金融危機への対処法⇒金融円滑化法

中小企業等に対する金融円滑化対策について

金融危機が発生することは疑いようのないことです。
であるならば、金融円滑化法を復活させる必要がございます。

空売りを禁止せよ

原則、空売りは禁止すべきです。
企業の株式価値を下げることで利益を得る人間は新本主義社会では悪と言い切っていいと思います。

株式での空売りだけは禁止した方がよろしいと思います。

すみません。
本日も修羅場なので、失礼いたします。
再度後日修正します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-世界経済, 日本経済
-

Copyright© 反逆する武士 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.