日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

世界経済 日本経済

新型コロナウイルス対策として入国制限は当然だがイタリアを除外せず

更新日:

コロナウィルス

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2020年3月5日(令和2年3月5日)

新型コロナウイルスの影響が間接的ではございますが、私個人にも出てきております。

3月7日と3月8日は現代貨幣理論特集となります。

新型コロナウイルスで感染拡大は抑制しつつあり???

新型コロナウイルスの感染が拡大した中国では、移動制限や隔離措置など強力な対策が取られたことで、目下のところ感染増加の勢いが収まり始めている。
春節休暇後も経済的なダメージを覚悟しながら人の移動制限を行ったが、2月末にはその制限を緩和する動きが本格化した。
(中略)
中国で最も経済規模が大きい広東省では、企業活動が再開される中で労働者不足が顕著となっている。
感染拡大防止と出稼ぎ労働者の職場復帰支援を両輪で推進するため、「一車一方案」と呼ばれる移送サービスを提供している。
同サービスは、地方から同一地域に戻る労働者を記録管理し、チャーターバスか電車でまとめて輸送する。
これにより、2月26日までに広東省に戻った労働者は7万1,292人に達した。

引用元: 新型コロナウイルスは中国で感染終息の兆し、地域リスク分類で国内移動制限を緩和

新型コロナウイルスの感染予防のため、移動制限や隔離措置が実行された中国では、感染増加が抑制され始めております。

中国共産党の発表でございますので、信用はできませんが、海外での爆発的な感染拡大ということにはならなそうです。

少々理解できないのは、中国では感染拡大していても、日本では比較的には感染拡大していない点です。
衛生状態が良いから日本では抑制できている???

中国では経済活動が停滞しているため、労働者をまとめて元の現場に戻そうという動きがあるようでございます。

これで感染拡大したら、習近平の失態と言えるでしょう。

本当にワクチンは有効なのか

国内でも新型コロナウイルスの感染が相次ぐなか、大阪のバイオベンチャー企業がワクチンの開発を始めたことを明らかにしました。
早ければ半年後には人に投与して安全性や有効性を確かめる臨床試験を行いたいとしています。

引用元:国内でもワクチン開発の動き 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスに関して正しい知識を持っていないからなのかもしれませんが、中国共産党の生物兵器との噂が絶えないほどの病気でございますから、楽観はできません。

仮に免疫機能を破壊するタイプの新型コロナウイルスだったとしたら、ワクチンはほぼ無意味なのではないかと思います。
むしろ既存の抗生剤の方が効果がある場合も想定できます。

楽観せずに事態を見守るべきでしょう。

イタリアの観光業が壊滅的に

2月23日に始まった封鎖措置はロンバルディア州で10カ所、ベネト州で1カ所の街を対象としており、約5万人の住民が外の世界と隔絶されている。
最低限の必需品を積んだトラックは出入り可能だが、警察が設置した障害物により、それ以外の人々は閉じ込められている。

(中略)
ウイルスの感染がほとんど及んでいない地域にも影響が生じつつある。
イタリアの観光業連盟であるアッソツーリズモによれば、3月のホテル・旅行代理店の予約キャンセルは、ローマで最大90%、シチリアで最大80%に達するという。
学校の旅行や国内での会議が中止され、外国人観光客も慎重になっているためだ。

引用元: アングル:イタリアが「欧州の武漢」に、なぜ新型コロナウイルスの感染は広がったのか

イタリアの新型コロナウイルスの感染拡大は欧州では最大であり、観光客減少で苦しんでいるようです。

イタリア人が死ぬのは見たくないですね。

安倍総理批判だと保存できない

最後になりますが、新型コロナウイルス対策に関して、安倍総理に批判的なことを掲載しようとしたら、保存できず、公開もできませんでした。

まさかとは思いますが、言論弾圧されたということなのでしょうか。

以上です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-世界経済, 日本経済
-

Copyright© 反逆する武士 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.