日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

その他

秋元司議員がIRに関する収賄容疑で逮捕され自民党の他議員も家宅捜索

投稿日:

収賄
サンサンさんによる写真ACからの写真

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2019年12月25日(令和元年12月25日)

秋元司議員、収賄容疑で逮捕

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)への日本参入を目指していた中国企業側から現金300万円を受け取るなどしたとして、東京地検特捜部は25日、収賄容疑で自民党衆院議員、秋元司容疑者(48)=東京15区=を、贈賄容疑で中国企業日本法人元役員ら3人をそれぞれ逮捕した。
中国企業をめぐる外為法違反事件は、政界の汚職事件へと発展した。

https://www.sankei.com/affairs/news/191225/afr1912250011-n1.html

自民党衆院議員の秋元司容疑者が、中国企業をめぐる外為法違反事件が収賄事件へと発展したようです。

秋元司容疑者は、現金の授受は無いと言っているようなので、真相がどうなのかというのを注視したいと考えています。

この件について思うことを率直に申し上げれば、CIAの下請けである東京地検特捜部が、中国企業と癒着する自民党議員を見せしめに逮捕することで、日中の悪しき癒着を剥がそうとしているのではないかと思いました。

私は親米派ではありませんし、反米派ではありません。
対米自立派でございますが、米中新冷戦というフェーズにおいては明確にアメリカ側に味方すべきだと考えています。

はっきり申し上げて、中国が一時的にでも世界の覇者になってしまったら、あまりにも悲惨な政治的帰結が生じるからです。
簡単に言えば、日本人が大虐殺されてしまいます。

逮捕容疑は、秋元容疑者はIR担当の内閣府副大臣だった平成29年9月下旬、同社のIR事業で便宜を受けたいとの趣旨だとを知りながら、東京都内で現金300万円を受領。
30年2月中旬には、妻子とともに北海道留寿都(るすつ)村への約70万円相当の旅行に招待されたとしている。
秋元容疑者は25日、産経新聞の取材に「500ドットコムジャパン側から金銭はもらっていない。
そもそも権限がないが、何か便宜を図った記憶もない」と容疑を否定した。

https://www.sankei.com/affairs/news/191225/afr1912250011-n1.html

カジノを含む統合型リゾート施設を日本に建設して儲けたい中国企業からお金もらい、旅行にも招待されたという、チャイナ側に取り込まれたかもしれないという疑惑です。

便宜を図ったことは無く、金銭も貰っていないと容疑を否認しているので、真相を究明してほしいです。

というか、米中新冷戦を前に、最前線で闘わなければならない日本の国会議員が何をやっているのかという話でございますよ。

他の自民党議員も家宅捜索を受ける

東京地検特捜部は25日、自民党の白須賀貴樹衆院議員(44)=千葉13区=の地元事務所(千葉県印西市)と勝沼栄明前衆院議員(45)=宮城5区=の地元事務所(宮城県石巻市)を家宅捜索した。
統合型リゾート(IR)をめぐり、収賄容疑で逮捕された衆院議員秋元司容疑者(48)=東京15区、自民離党=の事件の関係先とみられる。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122500832&g=soc

秋元容疑者と同じ件で、関係先と見られているため、他の自民党議員が東京地検特捜部の家宅捜索を受けたようです。

自民党の白須賀衆院議員と、勝沼前衆院議員にも家宅捜索がされていたということのようです。

おそらくなのですが、年末の大汚職事件に発展する可能性がございます。
そもそも、中国企業の誘致に賛同する人間ってどういうつもりなのでしょうか。
中国と対決すべきときに何をやっているのかという話です。

CIAも本気で怒っているのではないかと推察します。
CIAの暗躍に関しては眉をひそめる私ですが、今回の件がCIAによる圧力で、東京地検特捜部を動かしたとするならば、いい仕事したことになると思います。

いわゆるカジノ法案の成立に尽力

秋元司衆議院議員はカジノを含むIR・統合型リゾート施設の実現に向けた活動に力を入れていて、IRを推進する超党派の議員連盟のメンバーとして活動を続けてきたほか、平成28年12月には衆議院内閣委員会の委員長として一部の野党が退席する中、IRの整備を推進する法案を採決し、法案の成立につなげました。
一方で、顧問らが贈賄の疑いで逮捕された中国企業「500ドットコム」の経営トップや関係者ともたびたび接触してきました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191225/k10012227991000.html

そもそも、日本経済に博打は不要です。
そんなふざけたことしている暇があれば、現代貨幣理論を学び、消費税を廃止するべきです。

秋元議員は、カジノを含む総合リゾート施設を実現するなど、発想がバブル世代なのですよ。
あまりにも庶民感覚と違うので、怒りが湧いてきます。

擁護しにくいのは、中国企業と接触しているからです。
国会議員が敵国の企業と親密な関係を築くだけでもご法度だと思いますよ。

中国人も逮捕、自白されたら終わり

特捜部は贈賄容疑で中国企業側の役員や顧問を務めていた鄭希(37)、紺野昌彦(48)、仲里勝憲(47)の3容疑者も逮捕した。

https://this.kiji.is/582332017989698657?c=39546741839462401

収賄容疑で、中国企業側の役員や顧問を務めていた人間も逮捕しました。
もし仮に、中国人側から自白などが出てきた場合(特捜部が司法取引を持ち掛ける可能性が・・・)一気に秋元容疑者は窮地に立たされると思います。

中国企業と関係がある国会議員が芋づる式に

私は中国企業と関係がある国会議員が芋づる式に逮捕されるのではないかと思います。

続報をお待ちください!!!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-その他
-,

Copyright© 反逆する武士 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.