日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

日本経済

減税勢力の躍進に期待する。自民党内の減税勢力が記者会見するらしい

投稿日:

財政政策

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2020年3月29日(令和2年3月29日)

日本の尊厳と国益を護る会と日本の未来を考える勉強会が連携

5%への消費減税を掲げる「護る会」 ( 日本の尊厳と国益を護る会 / JDI ) と、消費税0%を掲げる「議員連盟 日本の未来を考える勉強会」が連帯し、それぞれの主張を尊重したまま「減税勢力」をつくり、来週月曜の朝10時に国会内で記者会見を開くことに決しました。

引用元: 「減税勢力」を結成し、週明け3月30日月曜の午前10時に記者会見へ (一字、修正しました)

青山繁晴議員と安藤裕議員が中心となっている日本の尊厳と国益を護る会と日本の未来を考える勉強会が連携し、減税勢力を作り、国会内で記者会見を開くそうです。

昨日の安倍総理の記者会見では消費減税に対して消極的であり、消費税停止は完全否定というふざけた内容でございましたので、Twitter上やFacebookでは怨嗟の声が多数でございました。

率直に申し上げて、青山先生と安藤先生には頑張っていただきたいと思います。
何らかの集会などがあれば参加して、進撃の庶民で内容を紹介することにもなるかと思います。

ここで一気に安倍政権に圧力を加え、プライマリーバランスの黒字化という無意味な目標を破棄させねばなりません。

私は複数人に電話で会談して、安倍総理の記者会見を見てほしい旨を伝え、安倍総理は政治家として終わっているということを伝えたところ、安倍総理に対する支持を撤回させることに成功しました。

さすがに安倍信者をここまで一気に反安倍勢力に組み入れることができたのは素晴らしいことでございました。

安倍総理の緊急記者会見は安倍総理の支持率を下げることに対して、一定程度の効果は発揮したのではないかと推察します。

我々は今現在歴史の転換点に立っているということなのだろうと推察します。

望ましい経済政策は消費減税

共同通信社の世論調査によると、新型コロナウイルス感染拡大を巡り、望ましい緊急経済対策について尋ねたところ、消費税率を引き下げるが43.4%でトップだった。現金給付32.6%、商品券給付17.8%と続いた。

引用元:望ましい緊急対策トップは消費税減税43%

世論調査によると消費減税が最も望ましい経済政策として、消費減税が挙げられておりました。

国会議員の皆様におかれましては、国民世論を十分にご考慮いただき、前向きな対応をお願い致します。

薔薇マークキャンペーンも活動を活発化

新型コロナウィルスに対応するため、そして消費税不況の中でもかけがえのない生活の営みを維持するために、奮闘されておられるすべての人々に深く感謝申し上げます。
私たちは、先日3月1日に「緊縮政策が招いた人災・新型コロナ感染拡大と生活防衛に向けて」< https://rosemark.jp/2020/03/01/rose_comment-2/>を発表し、人々の生活を守るための財政出動を消費税5%減税と合わせて求めました。
しかし、約3週間がたち、新型コロナショックともいわれる生活へのダメージと経済危機は、一層の深刻さを増してきています。
被害はリーマン・ショックを上回るレベルとの声を受け、政府は3月17日に1人当たり1万2000円以上の「定額給付金」について言及しましたが、全く足りません。
それでも、一律の給付金に言及させたのは「暮らしにお金が足りない」と声を上げるみなさまの成果です。
そこで薔薇マークキャンペーンでは、この消費税・新型コロナショックによる経済危機に際して、改めて、真に必要な緊急の経済対策を以下のとおり提言します。
一刻も早く全ての人の生活を守ること、また、これまでの政府のあり方を変え、公衆衛生や災害に対応できることを優先した対策としてまとめています。
試算は概算のため、ご意見をいただきながら精度を向上させていきます。

引用元: 消費税・新型コロナショックへの緊急財政出動を求めます

いわゆる左派の反緊縮勢力である「薔薇マークキャンペーン」でございますが、やはり財政出動を求めて行動をするらしいですね。

こちらも記者会見するということのようですので、要注目でございます。

新型コロナウイルスで体力が削られたところにミサイル攻撃されたら?

河野太郎防衛相は29日朝、北朝鮮が同日発射した飛翔(ひしょう)体は短距離弾道ミサイルだったと推定した。
日本の排他的経済水域(EEZ)の外に落下したとみられると説明した。

飛距離や弾種、高度などは分析中という。
防衛省で記者団に「かなり多いペースで国際社会に挑戦している。
意図をしっかり分析したい」と述べた。

引用元:防衛相、短距離弾道ミサイルと推定 「北朝鮮は国際社会に挑戦」

新型コロナウイルスでニュースがそれ一色になっている中、北朝鮮がミサイルを続々と発射しております。

おそらく北朝鮮内部で新型コロナウイルスに感染した人民を射殺しているという噂が流布され、体制が相当動揺しているのではないかと推察します。

この件に関しても我が国日本は警戒を怠るべきではありません。
新型コロナウイルスで体力を削られているところで、ミサイル攻撃を受けるということも十分にあり得ます。

以上です。

0 0 vote
Article Rating
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-日本経済
-, ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© 反逆する武士 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.