日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

国家安全保障 国際情勢 地政学

ロシア軍は偽装撤退か?軍人が反逆してプーチン大統領は身動き取れず

投稿日:

ロシア

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2022年2月16日(令和4年2月16日)

速報です。

ロシア軍が偽装撤退か

バイデン米大統領は15日、緊迫するウクライナ情勢についてホワイトハウスで演説した。
ウクライナ国境近くから演習を終えて軍部隊を一部撤収させたとのロシア側の説明について「確認していない」と述べた。
(中略)
ロシア国防省は15日、ウクライナ国境近くから演習を終えて撤収を始めたとする軍部隊の映像を公開した。

引用元:米大統領、ロシア軍撤退「確認できず」 侵攻可能性残る

最近はほぼ毎日ニュースで取り上げられるロシアのウクライナ侵攻問題でございますが、ロシア軍が一部撤収したとの報道が流れました。

私も緊張緩和(デタント)なのだろうかと期待したのですが、西側諸国はその撤退を確認していないとのことです。

これはロシアが撤退したと見せかけるだけの偽装工作の可能性が濃厚です。
あまりにも警戒している領域からウクライナ侵攻を行うのではなく、油断しているところ、警戒が高まっていないところを攻めるため、戦力の移動をしたのではないかと。

引き続きウクライナ侵攻の可能性は残っているという見方が大勢のようです。

プーチン大統領にとっての国内世論対策なのかもしれません。
ロシア軍は引いたのに、NATO(北大西洋条約機構)側は東方拡大を推し進めようとしているから、戦争という最後の手段を採用せざるを得ないという大義名分を作ろうとしている可能性もあります。

ロシア軍人がプーチン大統領に反逆しているのか

日本ではまったく報道されていないが、ロシアで1月31日、驚愕の出来事が起こった。
「全ロシア将校協会」のHPに「ウクライナ侵攻をやめること」と「プーチン辞任」を要求する「公開書簡」が掲載されたのだ。

引用元:全ロシア将校協会が「プーチン辞任」を要求…! キエフ制圧でも戦略的敗北は避けられない

上記の引用元記事で紹介されている第一次ソースを確認しましたが、概要に関してはロシアのサイトを確認して把握させていただきました。

プーチン大統領を支持していた軍人が反逆しているかもしれません。
これも偽装工作である可能性がございますので、信じるのは危ういと思いますが、要約すると以下のようになります。

1、NATO(北大西洋条約機構)の保有する核兵器は安全に管理されており、通常戦力も増強されていない

2、ロシアはウクライナを衛星国として引き付けるだけの魅力的なシステムを持つべきだったが、それに失敗した。

3、世界中の国がクリミア半島をウクライナと認識しているのはロシア外交の失敗である。
4、ウクライナ侵攻はロシアにとってマイナスであり、独立主権国家としての地位を失うだろう

5、プーチン大統領は辞任せよ

ロシアは内戦に発展する可能性があります。
この軍人の動向に関しては注視したいです。

もしかしたら、全員処刑されるかもしれません。

ロシア太平洋艦隊が活動を活発化させている

防衛省は15日、ロシア海軍の艦艇24隻が今月1日以降、日本海とオホーツク海南部で活動しているのを確認したと発表した。

引用元:ロシア艦艇、日本周辺に24隻 ウクライナ情勢と連動―防衛省

ロシア国防省が公式に発表していた太平洋艦隊の軍事演習ではございますが、日本海とオホーツク海南部で動きが活発化しているようです。

極東や太平洋地域をおろそかにしているわけではないということを行動で示していると思われます。

アメリカの軍事的圧力がロシアを襲う

インタファクス通信などによると、ロシア国防省は12日、軍事演習を実施していたクリール諸島(北方領土と千島列島)周辺のロシア領海に米潜水艦が侵入したと発表した。これに対し、米インド太平洋軍は「ロシアの主張は真実ではない」と領海侵入を否定した。

引用元:ロシア「米潜水艦が領海侵入」 米インド太平洋軍は否定

アメリカの潜水艦はロシアの領海または領海に近いところを航行することで、ウクライナ侵攻なんてしてもいいのか、ロシアの極東地域が危ういぜと軍事的な圧力を加えています。

ロシアとしては、迎撃するしかないと思いますが、二正面戦争を実施したくないロシアとしては、地味に嫌なことをアメリカがしてきたということになります。

北方領土周辺は海域が深いので、長距離ミサイルを搭載した戦略型潜水艦が回遊しており、アメリカとの核戦争に備えているので、重要海域と言えます。

そこを突かれるとなると、ロシア海軍としては嫌でしょうね。

我が国日本としてもアメリカと共同作戦を行い、ウラジオストークを奇襲するか、ウラジオストークの周辺海域を機雷で封鎖することも検討して良いのではないでしょうか。

以上です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-国家安全保障, 国際情勢, 地政学

Copyright© 反逆する武士 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.