日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

その他

電子書籍を自己出版した経緯と結果を自己分析。寄附と苦悩と試行錯誤

投稿日:

投資家・ビジネス

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2021年10月17日(令和3年10月17日)

※注意事項※
反逆する武士uematu tubasaは現在、精神的に崩壊しているので、このようなまとめ記事を出しています。

仕事が多忙過ぎて、もう無理かもしれません。
何卒ご容赦いただければ幸いに存じます。

電子書籍を自己出版した結果を自己分析

本日は『消費税廃止への進撃』並びに『現代貨幣理論の基礎』をKindleで自己出版した結果を大雑把に紹介して、自己分析した結果や経緯などをご報告させていただきたいと思います。

まずは、結論から申し上げます。

消費税廃止への進撃 ⇒収益額約3万円
現代貨幣理論の基礎 ⇒収益額約3万円

その他も電子書籍を出版したのですが、ほぼ収益無しという結果になりました。

なぜこのような結果になったのかを自己分析させていただくと、やはり世間的に認知が高まっていたという点が挙げられますね。

消費税廃止への進撃 が出版されたのが、2014年で消費税率を引き上げるのか否か、安倍総理はどのような決断を下すのかが政治経済クラスタの中では一大関心事でした。

また、 現代貨幣理論の基礎 に関してもステファニー・ケルトンの来日などが存在し、経済政策に興味がある人間ならば、興味を持ちやすいテーマとして現代貨幣理論がピックアップされました。

私のような無名な電子書籍を自己出版する人間であれば、世間が何を望んでいるのか、世間が何に興味関心を持っているのかという点を察知して、それを深堀りした電子書籍を出版した方がいいということがわかりました。

お金はやる気を出すために必要なものであるという単純な事実

電子書籍を出版したことで、ある意味世の中の真理というものを学んだ気がします。

お金はやる気(モチベーションと言い換えてもいいと思います)を出すために必要なものであるということです。
私の場合、電子書籍を出版するために、大量の資料や書籍を読み込む必要がございますから、どうしても次回作を自己出版するためにお金が必要です。

したがって、あまりにも収益が悪い電子書籍を出版してしまうと、次回作を出すことすら難しいということになってしまうので、収益性にはこだわりたいです。

不十分な状態で電子書籍を出版するのは悪手だったという事実

これから、電子書籍を自己出版したいという方にお伝えしたいことがございます。

内容不十分な状態で電子書籍を自己出版するというのは止めた方がよろしいと思います。

なぜかと申しますと、内容不十分な状態で電子書籍を自己出版すると、低評価が付いてしまい、それがAmazonユーザーの購買意欲の減退につながるからです。

電子書籍の利点として、内容不十分や誤植などがあった場合に修正しやすい(電子書籍データをアップロードし直すだけでいい)という点が挙げられますが、それがあるため、内容不十分な状態で自己出版してもその後に校正すればいいかと甘く考えてしまっていました。

内容不十分な状態の電子書籍を購入されたAmazonユーザからお叱りの声をいただき、もちろん内容は充実させて改訂を進めるわけなのですが、初期の内容不十分な状態の時の低評価はそのまま残ってしまうので、購買意欲が削がれてしまうのです。

電子書籍を完全な状態にしてから、自己出版するべきです。
その結果の低評価ならば、ある意味諦めることができますし、その後の糧になると思います。

拉致被害者家族会に対して地道に寄附していたという話

ちなみに、私個人としてはお金儲けだけが目的で電子書籍を自己出版していたわけではございません。

めちゃくちゃ地味なことでございますが、拉致被害者家族会に寄附することも目的なのです。

これまで、3回に分けて拉致被害者家族会に寄附してきました。

第一弾の寄附
第二弾の寄附
第三弾の寄附

もちろん、個人情報に関するところは伏せさせていただきましたが、上記のような証拠写真もあり、FC2ブログにおいて寄附したことはご報告させていただきました。

WordPressブログにおいては、こういった地味なことは後回しになっており、やっとこさご報告させていただく運びとなりましたこと、お詫び申し上げます。

合計金額:1万500円の寄附をさせていただきました。
売り上げの10%は寄附すると宣言していることから、6000円の寄附で問題ないのですが、私も何を思ったか、寄附するのだからそれなりの金額を寄附しようと思った結果です。

今後の電子書籍のテーマは何か

実は、今年中にユニバーサル・ベーシックインカムの電子書籍を出版しようと思っていたのですが、今年特有のドタバタ劇で、出版作業に着手することすらできませんでした。

上記の内容とも関係するのですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済停滞で一気に知名度が上がったテーマがございまして、それがベーシックインカムなのです。

日本維新の会が社会保障を削減したベーシックインカムという悪策を世に広めているので、何とかしたいと思っています。

精神的に余裕が無いが、進撃の庶民で発表があります。

消費税廃止への進撃 に関する発表がございます。

期待はしないでください。

以上です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-その他
-

Copyright© 反逆する武士 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.