日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

国家安全保障 日本経済

緊急事態宣言で株価暴落か。飲食店を狙い撃ちした給付金と罰則の是非

投稿日:

株価

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2021年1月4日(令和3年1月4日)

菅首相が首都圏の緊急事態宣言を検討

菅義偉首相は4日午前、首相官邸で年頭の記者会見に臨み、東京都と埼玉、千葉、神奈川3県を対象に、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言の再発令を検討すると表明した。
首都圏でのコロナ感染の深刻化を踏まえた措置で、「より強いメッセージが必要だと考えた」と語った。
週内にも政府対策本部を開いて正式決定し、発令する。

引用元:菅首相、首都圏に緊急事態宣言へ 「強いメッセージ必要」週内決定

菅首相は首都圏の知事らの要請を受ける形で、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言を検討すると表明しました。

より強いメッセージで日本国民を脅迫しないと駄目という判断になったようです。
自国民を見下す態度は酷いものがございます。

大発会は波乱の展開に

今年最初の取引となる大発会を迎えた4日の東京株式市場では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が首都圏に緊急事態宣言の再発令を検討することを受け、先行きへの警戒感から売りが広がった。
日経平均株価は一時、昨年末比400円超下落。
午前の終値は99円30銭安の2万7344円87銭となった。

引用元:東京株、一時400円超安 東証大発会、緊急事態宣言で警戒感

今年初めの株式取引となる大発会を迎えた4日の東京株式市場では、日経平均株価が一時昨年末比400円超の下落という波乱の展開になりました。

株式市場の投資家の心理を一気に悪化させ、なおかつバブル気味だった日本株の利益確定売りもございましたので、当然と言えば当然です。

日銀のETF購入が無ければ、ズルズルと株価は下落するでしょう。

給付金と罰則というアメとムチ

首相は「1都3県に改めて時間短縮の午後8時までの前倒しを要請した。
国として緊急事態宣言の検討に入る。飲食の感染リスクの軽減を実効的なものにするために、内容を早急に詰める」と表明。
そのうえで「給付金と罰則をセットにして、より実効的な対策を取るために、特措法を通常国会に提出する」と改めて述べた。

引用元:1都3県に緊急事態宣言 週内発令を検討 菅首相が表明

菅首相は飲食の感染リスクの軽減を行うため、給付金と罰則をセットにして、より実効的な対策を行えるように特措法を通常国会に提出するとのこと。

給付金と罰則とは具体的にどうなるのかという点が不明確であり、なおかつ緊急事態宣言が本当に意味があったのかという点も疑問がある中で、あまりにも危険な賭けであるとしか思えません。

緊急事態宣言は無意味になること確定

また、水際対策に関し、中国や韓国などと合意した2国間のビジネス往来を認める枠組みについて「相手国の国内で(コロナの)変異種が発見された際には即時停止する」と表明。
夏の東京五輪・パラリンピックは「実現するとの決意で準備を進める」と訴えた。

引用元:菅首相、首都圏に緊急事態宣言へ 「強いメッセージ必要」週内決定

言い換えるのであれば、中国や韓国などとのビジネス往来は新型コロナウイルスの変異種が確認されないのであれば、停止しないということです。

水際対策する気が無いということのようです。
さらに言えば、新型コロナウイルス感染拡大第3波が来ていて、極めて深刻な状況なのに、オリンピックがどうのこうのという段階ではありません。

現状認識が全くできておりません。

まずは、ビジネス往来も含めて、一切を禁止して、水際対策を徹底するべきです。

緊急事態宣言による感染者数の低下は中々難しいのではないかと予想します。

外国からの入国を遮断するのが先だ

日本は2020年12月28日に全世界からの外国人の新規入国を止めた。
中国や韓国など11カ国・地域とのビジネス往来は続けている。
日本との経済関係を重視し、そうした枠組みを持つ国でも日本への規制を強める事例が出ている。

引用元:日本からの入国規制、26カ国・地域で強化 感染再拡大で

海外では、新型コロナウイルスの変異種が確認されており、ますます外国からの新規入国を遮断しなければならない理由が増えており、人の移動を制限するのであれば、海外からの入国を真っ先に遮断しなければなりません。

にもかかわらず、ビジネス往来は中国や韓国などと続けており、上記引用元記事によると、人の往来を遮断するのはオリンピック開催に悪材料になるため、遮断はできなかったということのようです。

日本人の命や日本の医療体制よりも、オリンピックを優先させるという愚策を行ってしまったようです。

政権を維持しつつ、日本人を徐々に殺害するという目的を持った意図的な外国人受け入れだったのではないかと強い疑念を持ってしまいます。

出入国在留管理庁によると、20年9月に1万9千人だった外国人の入国者数は、11月には速報値で6万6千人にまで増えた。
新型コロナの感染再拡大と変異種は往来の増加傾向に冷や水を浴びせた。

引用元:日本からの入国規制、26カ国・地域で強化 感染再拡大で

11月から外国人の入国者数が2020年の9月と比べて約3倍にまで増えたようです。

新柄コロナウイルスの新規感染者の推移を見たら、どう考えても外国人の入国が増えたことが新規感染者数の増加の原因なのではないかと。

新規感染者数の推移(新柄コロナウイルス)
日経の新型コロナウイルスのチャートより

上記のチャート(色分けはされていますが、要するに日本全国の新規感染者数の推移)を見ると、確実に11月から急激に新規感染者数が増えたようです。

気温が下がり、湿度も下がり、人の移動もある程度は回復したということもございますが、外国人の入国受け入れも原因だったのではないかと。

緊急事態宣言よりも、ビジネス往来も含めた外国からの入国を遮断する決断を下すのが先でしょう。

以上です。

5 1 vote
Article Rating
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-国家安全保障, 日本経済
-, ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© 反逆する武士 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.