日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

国家安全保障

【賛否】補正予算の成立と緊急事態宣言の余波がどうなるのか考察する

投稿日:

グローバリゼーション

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2020年4月30日(令和4月30日)

補正予算が衆参両院で成立

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、現金10万円の一律給付などの経済対策を盛り込んだ補正予算案は、参議院予算委員会で採決が行われ、全会一致で可決されました。
このあと参議院本会議でも可決され、成立する見通しです。
今年度の補正予算案は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、現金10万円の一律給付など、事業規模で117兆円に上る緊急経済対策を実行するためのもので、追加の歳出が一般会計で25兆6914億円となっています。

引用元:10万円一律給付などの補正予算案 全会一致で可決 参院予算委

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、経済対策が策定され、衆参両院で補正予算が成立しました。

いわゆる特別定額給付金が支給されることが決まりました。
追加歳出が25兆円程度ということなので、あまりにも小さい規模の経済対策と言い切っていいでしょう。

問題は第二次補正予算が策定されて、新型コロナウイルスによる大恐慌が防げるかということですね。

私は焼石に水になるのではないかと思います。

第二次補正予算案をすぐさま策定せよ

新型コロナウイルスの感染拡大で、自民党の若手議員グループは、さらなる経済対策が必要だとして、財政支出で100兆円規模の第2次補正予算案を編成するよう求める提言をまとめました。
提言では、「日本経済の混乱は続いている」として、財政支出で100兆円規模の今年度の第2次補正予算案を編成するよう求めています。
財源は全額、国債で対応するとしていて、中小企業などに対する「持続化給付金」の大幅な拡充や、現金10万円の一律給付を追加で複数回行うこと、それに学生への支援制度の拡充などを盛り込んでいます。

引用元:自民若手議員グループ 100兆円規模の第2次補正予算案求め提言

100兆円規模の財政出動をもとめている自民党の若手議員グループは本当に頑張っているようです。
現金10万円の一律給付を追加で複数回行うというのは素晴らしいです。

私は少なくとも150兆円の財政出動をするべきと主張していた私としては、大変嬉しく思います。

ただ、今現在の経済の現状からして、我が国日本においては200兆円必要ですけども。

すぐに第二次補正予算が必要です。
すぐさま補正予算の議論が必要であり、補正予算にとにかく人を助けるためのお金の使い道を提示してほしいです。

藤井聡先生はwithコロナを提案

緊急事態宣言は延長されるようで、外出自粛も続き、営業休止などで飲食店や企業はいよいよ苦しくなりそうだ。
「命を守ること」と「経済活動」のバランスをどうとっていくべきか。
京都大学大学院の藤井聡教授が面白い提言をしている。

キーワードは「半自粛」だ。
(中略)
「大事なのは自制です。ルールを守れば外出して人と会っても、感染のリスクはゼロに近づけることはできます。仕事や生活の制限が少なくなることで、日本の経済も動き出します」と藤井教授は説明する。具体的なルールは(1)高齢者の徹底保護(2)換気を徹底(3)飲食中の会話自粛(4)カラオケ・性風俗の自粛(5)手洗い・マスク・鼻をほじらない、の5項目だ。

引用元:緊急事態宣言延長で京大・藤井聡教授がすすめる「半自粛」感染予防と経済活動の共存

新型コロナウイルスが社会に与える影響を考察する場合、新型コロナウイルスが完全に消失した未来を想定するのか、新型コロナウイルスとの共存を前提とした社会を想定するのかでいろいろ話が変わってくると思います。

藤井聡先生は新型コロナウイルスの根絶は無理という前提から、半自粛、言い換えるならばルールを策定した上での自粛解除を提案しておられます。

私も新型コロナウイルスを根絶できるとは思っていません。
アフターコロナではなく、withコロナ時代を生き抜く必要がございます。

藤井聡先生のご提案は傾聴に値するのではないのでしょうか。
私個人としても、高齢者と基礎疾患のある病人以外は外出自粛を解除していいのではないかと思います。

緊急事態宣言は延期される公算大

安倍晋三首相は30日、5月6日までとなっている新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言について、延長する意向を表明した。
政府は、全都道府県を対象としたまま期限を1カ月程度延長する方向で調整している。
今後、専門家らの意見を聞いた上で、首相が5月4日にも正式に発表する見通しだ。

引用元:緊急事態宣言、延長へ 首相が二階幹事長に意向伝える

緊急事態宣言は5月6日までとなっておりましたが、やはり延長される可能性が高いようです。
一か月程度の延長らしいです。

専門家らの意見を開いた上で、5月4日に緊急事態宣言の延長を決めるようです。
おそらく5月末まで延長というところで落ち着くのではないでしょうか。

これに株と為替がどのようにリアクションするのかというのが私のような個人投資家としては気になるところでございます。

これで二番底になってしまうと本当に厳しいですね。

そして、外出自粛があまりにも長引くことになれば、それに対して反逆したい人間もどんどん増えてしまいます。

おそらく大規模な外出が行われ、感染が拡大するのではないかと思っています。
日本政府による強制力と補償が行われない自粛など砂上の楼閣に過ぎませぬ。

以上です。

0 0 vote
Article Rating
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-国家安全保障
-,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© 反逆する武士 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.