日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

国際情勢 日本経済

インドと日本の新型コロナウイルスの影響が似ているようで対照的です

投稿日:

インド

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2020年4月20日(令和2年4月20日)

インドでも都市封鎖が実行されていた

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためインドが3月25日、ロックダウン(都市封鎖)に踏み切った。
当時の累計確認感染数は519件、死亡者数は10人。
他の主要国に比べ感染数が少なかったにもかかわらず13億人の国民全員に即日、原則外出禁止を義務付けた。
古今東西、恐らく人類史上、最大規模の外出禁止令だ。
インドは栄養や衛生状態の悪い国民が多く存在し、医療インフラが脆弱なだけに、イタリアやスペインのような感染爆発にはとても耐えられない。
「全土ロックダウン以外に選択肢がない」(モディ首相)と判断したのも理解できる。

引用元:インドのスタートアップも新型コロナ布陣

新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、インドでも都市封鎖に踏み切っているようです。

インドは日本と違い、公衆衛生上が悪い地域が多いため、そこまで感染者が多くないのに、都市封鎖に踏み切るという決断を下したようです。

インドは宗教的な理由もございまして、不可触民がいらっしゃるわけで、それでインド国民の間の分断が激しくなることは確実かと思います。

ただ、その都市封鎖が効果を発揮するかと申しますと、かなり疑わなければならないようです。

インドの貧困層が感染拡大の原因か

感染防止のため政府が人の移動を規制する中、失業した出稼ぎ労働者が首都ニューデリーや商都ムンバイのバスターミナルに押し寄せるなど帰郷の動きが広がり、規制の網をかいくぐって徒歩で数百キロ先の故郷に戻った人も多い。
インディア・トゥデー誌(電子版)によると、ある医師は「国内でのこうした移動は感染を増大させる恐れがある」と懸念を示した。
各地方政府は移動抑制策として、家賃や食費を賄えなくなった人々のためにシェルターを用意した。
しかし、過密なシェルターでの滞在を強いられたり、情報が行き渡らずに橋の下などで密集生活を余儀なくされたりしているという。

引用元:インド、貧困層対策が課題 職失い移動、感染リスク拡大―新型コロナ

インドでは都市封鎖を決断し、失業した出稼ぎ労働者が大量に溢れてしまったようです。

その失業した出稼ぎ労働者が新型コロナウイルスに感染してしまって、帰郷することで、感染が地方にまで及ぶ可能性が高まっているようです。

都市封鎖の意味無いという悲惨なことになっています。
インドの地方政府は移動抑止策として、貧困層のためのシェルターを用意したら、密集生活を余儀なくされているそうです。

新型コロナウイルスの感染してしまうから回避しなければならない、集・近・閉が達成されてしまった空間に貧困層を入れることになっているようです。

新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するための政策のことごとくが裏目に出てしまっているようです。

日本という国家の公衆衛生がこれほど有り難いと思ったことは無いです。
インドのことを悪く言いたくないですけれどもね。

立憲民主党が地方自治体への交付金増額を要求

立憲民主党の枝野幸男代表は20日の党会合で、政府が新型コロナウイルスの感染拡大に関する緊急経済対策に盛り込んだ地方自治体への臨時交付金1兆円について、「焼け石に水だ。少なくとも5倍程度は当面必要ではないか」と述べ、5兆円規模への拡充を求めた。

引用元:臨時交付金5兆円規模を 経済対策で立憲・枝野氏―野党から拡充要求相次ぐ

立憲民主党が党内部において、緊急経済対策に盛り込んだ地方自治体への臨時交付金1兆円があまりにも少な過ぎるとして、5兆円に拡充するべきと発言したようです。

私個人としては、立憲民主党が嫌いですし、緊縮財政派が多勢である立憲民主党を支持できません。

ただ、この件に関しては賛成したいと思います。
地方自治体だからこそ、地域の要望などを吸い上げることができますし、可能な限りお金を使って問題を解決する必要もあるでしょう。

臨時交付金は20兆円ぐらいは必要なのではないかと考えています。
日本政府が資金調達して、地方自治体の財務体質を強化することで、乗り切るしかないでしょう。

学生がバイトできなくて退学か

新型コロナウイルスの影響で、アルバイトの出勤が減らされた大学生らが困窮している。
学生団体が実施した緊急調査では、複数の大学生が「学費が払えず、退学を検討している」と回答。
収入が激減する事態に直面した学生は「1日300円程度の食費でしのいでいる」と深刻な状況を訴えた。

引用元:バイト代激減、学生困窮 食費1日300円でしのぐ―学費払えず退学視野

新型コロナウイルスの影響で、飲食店などが休業に追い込まれているため、学生バイトが賃金を得られず、学費が払えないようです。

こういったことも発生するから、国民に一律で給付金を支給せよと主張しているのです。

それでも直接給付に反対しますかね。
誰とは言いませんが、いわゆる反緊縮派の中にもいますからね。

人の人生をぶっ壊したいのでしょうか。
理解できません。

以上です。

0 0 vote
Article Rating
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-国際情勢, 日本経済
-, , , ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© 反逆する武士 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.