日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

日本経済

ソフトバンク・ショックの序章が開幕した。孫正義の資産が枯渇するか

投稿日:

サンサンさんによる写真ACからの写真

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2019年11月6日(令和元年11月6日)

ソフトバンクGは約7000億円の最終赤字

ソフトバンクグループ(SBG)が6日発表した2019年7~9月期の連結決算(国際会計基準)は最終損益は7001億円の赤字(前年同期が5264億円の黒字)に転落した。
配車サービスの米ウーバーテクノロジーズなど出資先企業で株安が進行。
シェアオフィス「ウィーワーク」を運営する、出資先の米ウィーカンパニーでも企業価値が低下傾向にあり、主力のファンド事業で多額の損失が発生した。同損失額は9702億円と前年同期(3924億円の黒字)から大幅に悪化した。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51817280V01C19A1000000/

ソフトバンクグループは本日発表した第三四半期の連結決算は、約7000億円の赤字でした。

シェアオフィス「ウィーワーク」への投資が上手くいかなかったため、多額の損失が発生した模様です。

ソフトバンクと言えば、携帯キャリアであり、ソフトバンクホークスを保有しているIT系企業というイメージが強いのですが、最近では投資会社という性質が濃くなり、様々な企業を買収しています。

YahooがZOZOTOWNを買収

ソフトバンク傘下のヤフーが、衣料品通販サイト大手、ZOZOを買収すると発表した。
ヤフーとして過去最大の4000億円を投じ、ファッション分野を強化してアマゾンジャパンや楽天に対抗する。
2016年に買収した一休のような相乗効果を狙うが、親会社の意向を受けた巨額買収が奏功するかは不透明だ。

https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/depth/00336/

だいぶ前の話ですが、ソフトバンク参加のヤフーがZOZOTOWNを買収しました。

ファッション系の企業であるZOZOTOWNを買収することによって、ショッピングサイトでのアパレル系商品の販売を強化するつもりのようです。

ZOZOTOWNにそれほどの価値があるとは思えず、ショッピングサイトでの商品販売を強化するといっても、ブランド価値がないZOZOTOWNに投資価値があるとは思えません。

素人考えですけれども、ソフトバンクグループの孫正義氏は投資案件を吟味する能力に欠けているのではないでしょうか。

孫正義氏の資産が目減り

ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、孫社長の資産は5日時点で約138億ドル(約1兆5000億円)と、7月の約200億ドルから約60億ドル目減りした。
孫社長はウィーワークとウーバーの評価損処理の可能性を含む決算の詳細を6日に説明する。
スタートアップ向け投資の枠組みであるビジョン・ファンドは、少なくとも50億ドルを
処理するとみられている。
その原因の一つが内部崩壊したウィーワークの
救済
同社は企業統治(ガバナンス)の欠陥で株式新規公開(IPO)計画が頓挫した。
1月に470億ドルの評価で資金を調達したが、直近では80億ドル未満と評価されている。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-06/Q0IS1QT0AFB501

孫正義氏の資産が約60億ドル(約6000億円)ほど目減りしました。
様々な企業への投資失敗が株価に影響して、資産が目減りしてしまったのではないかと推察します。

ソフトバンクグループの投資が破滅へ向かう場合、孫正義氏の資産を担保にした資金調達をすると思うのですが、資産が目減りしたらお金を借りることができなくなり、支払いが滞り、倒産することもあり得るでしょう。

損切できない投資家は退場するのみ

これらの投資は「失敗」と言わざるを得ないが、SBGは見捨てない。
10月、SBGはウィー株の追加取得や融資などで最大95億ドル(約1兆円)の支援を実施すると発表した。
これにより発行済み株式の過半は取得するが、議決権ベースでは過半数はあえて握らず、連結子会社にはしない。
ウィーは、直近の2019年1月の資金調達ラウンドで470億ドルだった自社の評価額を、IPOにあたって100億ドルまで切り下げた。
通常のベンチャー・キャピタルならこの手の失敗案件はサンクコストと割り切って株を売却する局面だ。
しかしすでにウィーに72億ドル(7720億円)を出資してしまっているSBGがウィーを損切りすれば、巨額損失の計上を迫られる。

https://president.jp/articles/-/30535?page=3

ソフトバンクグループは「ウィーワーク」へ追加融資を行い、最大95億ドルの支援をするそうです。

シェアオフィスがメインなビジネスになるというのは考えにくい経済環境において、この追加支援は損切できないからさらに追加買い付けする投資家に似ています。

損切できない投資家は破滅するでしょう。
私はソフトバンクグループの経営破綻を予想します。
今年中に破綻することはありませんが、来年は破綻確率20%でしょう。

よほどの大規模な投資成功が無ければこの失敗を挽回することはできません。

ソフトバンク破綻で経済危機が発生か

ソフトバンクグループが破綻した場合、少なくとも数万人規模の人員削減が日本国内で発生すると思います。

それは消費増税によって痛めつけられている日本経済においては、大打撃になります。

そしてソフトバンクグループに融資している国内大手銀行も経営不安が生じ、疑心暗鬼が日本国内に広がるでしょう。

数万人規模の人員削減ということになれば、連鎖破綻になる可能性もございますし、パニック的な株価暴落とパニック的な連鎖破綻が発生する可能性もございます。

以下は参考動画です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-日本経済
-, , ,

Copyright© 反逆する武士 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.