日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

日本経済

消費税を減税するための勉強会が発足したらしいから応援したいと思います

更新日:

消費税

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2019年10月25日(令和元年10月25日)

消費税減税研究会が発足

民主党政権で国土交通相を務めた無所属の馬淵澄夫衆院議員とれいわ新選組山本太郎代表が、消費税5%への減税を目指す「消費税減税研究会」を立ち上げる。次期衆院選を見据え、5%への減税を、他の主要野党も含めた連携の旗印にする狙いがある。
馬淵、山本両氏は30日に国会内で初会合を開き、今後の運営方針を話し合う。研究会には、馬淵氏が率いる、次期選挙で当選を目指す落選議員らの勉強会「一丸の会」のメンバー約50人の大半が参加する見込み。
減税による経済への影響や減収を補う財源などを研究する見通しだ。
馬淵氏は5%への減税が持論。
れいわは7月の参院選で「消費税廃止」を訴えて2議席を獲得。
参院選後は当面の目標として税率5%を訴え、野党間の共通政策化を目指している。
両氏はこれまで会談を重ね、9月の一丸の会に山本氏を講師として招くなどして、5%への減税政策を共有していた。

https://www.asahi.com/articles/ASMBS55LMMBSUTFK012.html

無所属の馬淵議員とれいわ新選組の山本太郎氏(以下敬称略)が消費税減税研究会を立ち上げたようです。

野党側としては、消費税減税を旗印に纏まらなければ自民党には勝てないでしょうね。

馬淵議員の宣言文

まっさらな所から立ち上げる今回の研究会は、この私の論に固執するものではありませんが、逆進性を伴う消費税増税の是非を問い、税制全体のあり方を考えるため、広く有識者の方も交えた検討を行って参りたいと考えています。
山本代表とは消費税減税という方向で意見が一致しており、ともに立ち上げることで、この研究会が広く国民の皆さんのくらしに資する、有意義なものとなると確信しています。
政治の役割は、国民の皆さんの「くらし」、つまり「メシを食う」というあたりまえの営みを守ることです。そのためにまず景気を回復させる、そしてお一人おひとりのささやかな幸せを守る、その強い決意で臨んで参ります。

https://mabuti.net/post-4460/

政治とは思いやりだと思います。
人の暮らしを人の命を危険にする政治は打破しなければなりません。

消費増税の転嫁対策

経済産業省では、平成26年4月の消費税率8%引上げ、令和元年10月の消費税率10%引上げを踏まえ、消費税の円滑かつ適正な転嫁を確保する観点から、様々な転嫁対策を実施しています。
今般、令和元年9月末までの主な転嫁対策の取組状況を取りまとめました。
引き続き、転嫁状況の監視・取締り等を通じ、転嫁拒否行為の未然防止を図るとともに、違反行為に対しては厳格に対処していきます。

https://www.meti.go.jp/press/2019/10/20191023001/20191023001.html

今回の消費増税によって、取引先から消費税分の値上げを拒否されている中小零細企業がないかどうか調査しているようです。

消費税減税すれば、消費増税の転嫁対策ではなく消費減税に伴う転嫁対策が必要になります。

取引先から「消費減税なのだから、値段下げて」と必要以上の値引きを迫られる可能性がございます。

日本共産党が発狂するのも当然か

東北の衣料品専門店の店長は、「消費税の引き上げにより、客は買い物に対してさらに慎重になると見ている」。
東海のコンビニ店長からは、「小規模店では、キャッシュレスに対応しきれず、軽減税率の複雑さにともないわずらわしさのみ増えている」―。
政府の景気ウオッチャー調査(8日発表)にも、現場から悲鳴が寄せられています。
安倍晋三政権は、わずか6年の間に、8%への増税、10%への増税という2度にわたる消費税増税を強行しました。
合計13兆円もの大増税は中小企業の営業を直撃しています。
2014年に安倍政権が強行した5%から8%への消費税率引き上げで、家計消費は増税前に比べ年20万円以上も落ち込みました。
実質賃金は年15万円も落ち込んでいます。今回の10%への大増税は、失政に失政を重ねるものです。
日本共産党は、消費税が導入された当初から消費税廃止を掲げてきました。
10%増税が強行されたもとで、景気・暮らしを回復するための緊急課題として、消費税率を5%に減税することを提起。長
期にわたる日本経済の低迷を打開するためには、「5%への減税」という中小企業と家計を応援する希望あるメッセージを実行することが求められています。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-10-24/2019102401_01_1.html

私個人としては、日本共産党が大嫌いです。
しかしながら、日本共産党の消費税廃止だけは支持しています。

普通の日本国民が日本共産党が掲げている政策を支持するという異常事態に終止符を打ってほしいです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-日本経済
-

Copyright© 反逆する武士 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.