日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

世界経済

ユニクロは中国から脱却せよ!米中貿易戦争の余波が普段着にも及ぶ!

投稿日:

米中貿易戦争

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2019年9月2日(令和元年9月2日)

米中貿易戦争が激化している

トランプ政権は1日、約1100億ドル(約11兆7000億円)相当の中国製品への追加関税を発動した。世界経済に打撃を与えている米中貿易戦争が一段とエスカレートした。
今回の15%の対中追加関税は、アパレルや履物といった消費財や「アップル・ウオッチ」などの一部ハイテク製品が対象となる。
ノートパソコンや携帯電話などの約1600億ドルの中国製品には、12月15日に新たに15%の追加関税が課される。

トランプ大統領が年末商戦への影響を和らげるため対中関税を一部先送りした。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-01/PX4V8M6TTDS001

トランプ政権は米中貿易戦争を継続する意思を固めたようです。
中国に対して、追加関税を課すようです。

今回はアパレルや履物などの消費財やハイテク製品が対象となります。
一部は年末商戦に影響があるということで見送りましたが、確実に12月15日に追加関税が課されるでしょう。

これを受けて株価も軟調になっております。
以前のような大暴落ということにはならないと思いますが、各方面に影響が出そうです。

無関係な話・・・というわけではありませんが、香港のデモが激化しており、それに対する取り締まりも強化されているようです。

敵の敵は味方という論理で、今回は香港を応援するというスタンスを我が国日本は採用し、積極的に香港を支持するべきだと思います。

トランプ大統領も香港の市民に対する弾圧に対抗するという大義名分を掲げ、積極的に関税率を引き上げていただきたいと思います。

どんどん関税を引き上げられることが明確になれば、工業製品などの生産ラインが中国から撤退するでしょう。
そのような動きが加速することを望みます。

脱中国の動きが加速しつつあり

1日に発動された追加関税は約3200品目が対象で、靴や衣料品、複合機などが含まれる。
カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングは、米国向け製品の多くを中国で生産しており、「対応を検討中だ」という。
リコーは米国向け複合機の生産拠点を7月に中国からタイ工場に移した。
京セラも米国向けの複合機やコピー機の生産拠点を中国からベトナムに移管すると表明。
移管の費用は最大数十億円を見込んでおり、今年度内には完了させたい考えだ。

https://www.sankei.com/economy/news/190901/ecn1909010007-n1.html

カジュアル衣料品店「UNIQLO」は米国向け製品の多くを中国で生産しているようです。

どんどん中国から脱出していただき、日本や東南アジアなどで大量生産していただければ幸いに存じます。

日本で売られているユニクロ製品も中国産が多いため、買うのを控えていた時期がございました。

最近はベトナム産やインドネシア産が増えてきたので、少なくとも中国産よりかは安全に購入することができます。

個人的には、UNIQLO製品は大好きなので、できれば国産でハイクオリティな製品を出していただければ幸いに存じます。

※ちなみにUNIQLOってファストファッションという印象を持っていたのですが、スローファッションなのだそうです。
詳細は⇒
https://nikkan-spa.jp/spa_comment_people/mb

社会人ならば購入必須アイテムがかなり揃っており、長い間しっかりと着まわすことができる名品がございます。
※参考記事⇒ https://nikkan-spa.jp/1599888?cx_clicks_art_mdl=2_title

リコーや京セラも中国から生産拠点を移動しており、脱中国の動きは加速しているというのが現状です。

米中貿易戦争の終結はトランプ再選後

拙ブログの読者様は、まさか中国の肩を持つということはないでしょうから(笑)トランプの強硬姿勢に共感していると思います。

ただ、これ以上長引くようであれば我が国日本にも色濃い影響が出てくるのは避けがたい事実でありましょう。

読者の皆様の中には、株価が暴落してしまい、大損しているからもいらっしゃって、早く米中貿易戦争が終結してほしいと思ってらっしゃるのではないでしょうか。

私は個人的に、米中貿易戦争はトランプ大統領の再選まで続くのではないかと考えています。

言い換えれば、トランプ大統領が再選しなかったら中国の勝ちで米中貿易戦争は終結、トランプ大統領が再選したら米国の勝ちで米中貿易戦争は終結するでしょう。

さすがに中国としては、さらに4年間も追加関税や各種規制などに耐えられる余裕はございません。

おそらくトランプ大統領が再選の後に、米中首脳会談が行われ、中国人の面子は最大限重んじられながらも、通商協議で米国は勝利するでしょう。

中国は渋々、米国の要求を丸呑みすることになります。
そして、中国は中国共産党内部の政争で一気に瓦解すると思われます。

米国に屈する中国共産党は存在意義が無くなりますので。

中国も負けじと報復措置

中国の報復措置も発動された。約750億ドルの米国製品が対象で段階的に実施。
1日には米国産豚肉、牛肉、鶏肉や他の農産品に10%、大豆に5%の追加関税が適用された。
12月15日に小麦やモロコシ(ソルガム)、綿花に10%の追加関税が課される。中国は9月から米国産原油に5%の追加関税を課すが、液化天然ガスへの新たな関税はない。
米国産自動車にも12月15日から25%の追加関税が再開される。
一部の車種には10%が上乗せされる。
自動車に対する既存の一般的関税を考慮に入れると、米国車にかかる関税率は最高50%になる。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-01/PX4V8M6TTDS001

中国側も米中貿易戦争において、やられっぱなしではございません。
しっかりと報復追加関税措置を繰り出してきました。

まぁいろいろ言いたいことはありますが、これだけは言及しなければなりません。

米国産の自動車に対する関税が最高で、50%になるだと?
アメ車を買う人間なんて誰もいなくなるよ?

以上です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-世界経済
-, , ,

Copyright© 反逆する武士 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.