日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

世界経済 国際情勢

ロシアは金融制裁を起因としてデフォルトした。我々は歴史の目撃者だ

投稿日:

ロシア

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2022年6月2日(令和4年6月2日)

ロシア国債が事実上の債務不履行に

ロシアの国債が事実上の「デフォルト(債務不履行)」に陥った。
世界の主要金融機関で構成するクレジットデリバティブ決定委員会が6月1日、ロシアのドル建て国債の利払いに不履行が生じたとの判断を示したためだ。

引用元:ロシア国債「デフォルト」認定でも通貨ルーブルが底堅いワケ

ロシアが発行している4月4日償還日の外貨建て(USドル建て)国債が債務不履行(デフォルト)に陥りました。

デフォルトは通常は大手格付け会社が認定するが、欧州連合(EU)が経済制裁の一環でロシア国債やロシア企業の格付けを禁止。
このため、国債がデフォルトした際に支払われる保険などのデリバティブを扱う同委員会の判断が注目されていた。

引用元:ロシア国債「支払い不履行」と認定 市場、デフォルト判断も

格付け会社大手三社による債務不履行(デフォルト)認定ではありません。
主要金融機関で構成するクレジットデリバティブ決定委員会がロシア国債の債務不履行(デフォルト)が生じたとの判断を示しました。

ウクライナ侵攻に対する西側諸国の金融制裁の結果、ロシアがドル資金を動かしにくくなったため、事実上の債務不履行(デフォルト)に陥ったようです。

国際決済網の国際銀行間通信協会(SWIFT)からロシアの中央銀行も含めロシアの大手銀行が排除されてしまえば、USドルを動かすことが困難となったことが起因とした珍しい債務不履行と言えるでしょう。

※参考記事:ロシアが国際決済網から排除され、戦争は泥沼になるかもしれないです

猶予期間中も利子が発生していたらしい

ロシア政府は当初、このドル建て国債について、自国通貨ルーブルで支払ったと主張。
だが、債権者側がルーブルでの支払いを認めず、ロシアは30日間の猶予期間が切れる直前の5月上旬にドルで払い直した。
一部の債権者が、この猶予期間中に利子190万ドル(約2億4千万円)が発生したと指摘。
利子が支払われておらず、デフォルトにあたると訴えていた。

引用元:ロシア外貨建て国債の利払い「不履行」 金融機関団体が判断

ロシア政府はUSドルではなく、ロシアの自国通貨であるルーブルで、USドル建ての国債の償還を実施したと主張しておりました。

それを債権者、つまりはロシア国債の買い手が支払いを認めず、ロシア政府が折れて30日間の猶予期間が切れる直前にUSドルで再度払い直しました。

ただ、その猶予期間中においても利子が発生していたとロシア国債の買い手が主張し、猶予期間中の利子が支払われていないため債務不履行(デフォルト)に当たるとの判断となりました。

クレジット・デフォルト・スワップ発動

国債発行時の取り決め通りに利払いなどが実行されないクレジットイベント(信用事由)となったことで、デフォルト時に損失相当額を受け取れる金融取引「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」の売り手から買い手に補償が発生することになり、今後手続きが進むとみられる。

引用元:ロシア国債「デフォルト」認定でも通貨ルーブルが底堅いワケ

なぜ債権者(ロシア国債の買い手)はロシア国債が債務不履行(デフォルト)に陥ったかどうかという点にこだわるのでしょうか。

なぜならば、債務不履行(デフォルト)時に損失相当額を受け取れるかどうかの瀬戸際だったからです。

クレジット・デフォルト・スワップとは何か

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)が発動することで、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の売り手から買い手に金銭的補償が発生することになり、ロシア国債の買い手の一部は損失補償を受けることができます。

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは債務不履行(デフォルト)という事故に遭った場合の保険のようなものです。

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の購入者は一定のお金をクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の販売者に支払いますが、万が一対象の債券の債務不履行(デフォルト)という事故に遭ったらお金を貰うことができます。

一定のお金を保険会社に支払うことで、自動車事故に遭った場合には、医療費や自動車修理費などを受け取れる自動車保険がございますが、自動車保険の債務不履行版とご理解いただければと存じます。

ロシアは債務不履行を認めず

ロシアのシルアノフ財務相も5月26日、記者団に対しロシアが財政危機に陥ってデフォルトとなった1998年とは状況が違うとしたうえで「資金もあり支払う意思もある。今の状況は敵対する国が人為的に作り出したものだ。何の影響もなく何も変わらない」と述べ、ロシアや人々の生活への影響はないと強調していました。

引用元:ロシア国債 一部の利子未支払いと認定 金融市場から締め出しも

実は、ロシアのシルアノフ財務大臣のおっしゃる通り、1998年のロシア国債の債務不履行(デフォルト)とは状況が違います。

その当時、ロシアは自国通貨発行権を保有しておりましたが、借金返済の意思を完全に喪失しておりました。

自国通貨建て国債を発行していたのですが、それと同時に為替予約がロシアの国内金融機関でなされており、ロシア・ルーブルでの国債の償還が行われるとルーブル売りUSドル買いがほぼ確実に発生するような状況でした。

そのような状況においては、ロシアは固定相場制を維持することができず、固定相場制から離脱したとしても、国債の償還が自国通貨安を促進してしまうため、国債の償還意欲を失ってしまったのです。

ロシア国民の生活が成り立たないレベルのインフレを許容するのか、ロシア国外の債権者にお金を支払わないという決断を下すのかという二択だったのです。

インフレに激怒したロシア国民による共産主義革命を抑制するためには、ロシア国外の債権者に泣いてもらうしかなかったのです。

※参考記事:固定相場制を採用し為替予約があるルーブル建てロシア国債は償還困難

現在においては、外貨を保有しており、支払い意思もありますので、ロシア政府としては西側諸国に責任があると強弁することが可能です。

自国通貨安是正のために資本規制を導入した

大和総研の山崎政昌氏は足元のルーブルの反発について、「資本規制によって人為的に起こされたものだ」と指摘する。
例えばロシアでは、輸出企業が得た外貨の80%をルーブルに交換しなければならないというルールが導入されている。
通常は貿易で使われる決済通貨は米ドルだ。
「通貨当局は、自身の保有する外貨を使うことなく、為替介入を行ったのに等しい効果を生み出した」(山崎氏)という。

引用元:ロシア国債「デフォルト」認定でも通貨ルーブルが底堅いワケ

今回のウクライナ侵攻によって、一時的にロシア・ルーブルが暴落したのですが、なぜか急反発しまして、現在でもルーブル高が継続しております。

詳細に関しては、ルーブルドル、ルーブル円などの主要通貨との為替相場をご自身の目でご確認ください。

上記引用元記事によると、資本規制によってロシア・ルーブルが買い支えられたようです。

ロシアの輸出企業が得た外貨の80%を売ってロシア・ルーブルにしなければならないというルールが導入されたことによって、民間企業の外貨資産を利用して強制的に自国通貨安是正を実施したということのようです。

また、ロシアは一時的ではございますが、主要政策金利を20%まで引き上げ、ロシア・ルーブルで運用することのメリットを高めるという高金利政策を実行しました。

ルーブルへの強制転換比率を80%から50%に下げるなど、急進的な自国通貨安是正からは緩和しているようですが、全体主義的な国家ならではの方法で、国家総動員体制を構築し、自国通貨防衛を行っているようです。

※参考記事:ロシアのウクライナ侵攻で資源価格が高騰して財政破綻は不可避な情勢

今回の債務不履行(デフォルト)でロシア・ルーブルが暴落するということにはならないでしょう。

予想は当たったがロシア経済の破滅とはならず

主要政策金利が暴騰したことで、民間金融機関の負担は大きくなり、経済不振により貸し倒れや融資先が無いということにもなりかねず、ロシアの金融は大きな打撃を受けることに変わりありません。

また、ロシアは国際金融からは除外されつつあるので、今回のロシア国債の債務不履行(デフォルト)によるデメリットは最小化されると思います。

国債の債務不履行(デフォルト)による最大のデメリットとは、国際金融市場からの信用喪失であり、資金調達が難しくなるということです。

既に信用なんて地に落ちていますし、大手金融機関はそもそも排除されていますから、限定的な打撃に落ち着くでしょう。

私は今回のウクライナ侵攻によってロシアは年内中に債務不履行(デフォルト)に陥ると予想しておりました。

見事的中しましたが、嬉しくありませんね。
ロシア経済が派手に壊れてくれると北方領土も奪還しやすい環境が整うのではないかとわくわくしていたのですが、そう上手いことにはならなさそうです。

今回のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の支払いを行う金融機関の内、一部でも破綻して、それが連鎖破綻につながり、金融危機に発展しないことを願いたいです。

以上です。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-世界経済, 国際情勢
-,

Copyright© 反逆する武士 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.