日本憲政史上最強の政策ブログを目指す!

反逆する武士

国際情勢

イギリスのボリス・ジョンソンが保守党党首に就任!EU離脱へ動くのか

投稿日:

胡麻油さんによる写真ACからの写真

大変お世話になっております。
反逆する武士

uematu tubasaです。
初回投稿日時:2019年7月23日(令和元年7月23年)

ジョンソン元外相が保守党党首に就任

イギリスの与党・保守党は23日正午すぎ、党首選でボリス・ジョンソン前外相が勝利したと発表した。ジョンソン氏は24日、正式にイギリスの首相となる。
ジョンソン氏は9万2153票を獲得。対立候補のジェレミー・ハント外相は4万6656票に留まった。投票率は87.4%だった。
ジョンソン氏は演説で、党首に選ばれたことは「非常に名誉なことだ」と話し、「皆さんの判断が賢明だったか疑問に思う人たちはいるでしょうし、この場にも自分が何をしてしまったのかと不安に思っている人たちがいるでしょう」と述べた。

https://www.bbc.com/japanese/49079871

イギリスの次期首相を決める、イギリス保守党党首選が実施され、ボリス・ジョンソン元外務大臣が勝利しました。

私は以前から、かつての同盟国であるイギリスの動向を注視しており、保守党党首選において終始リードしていたボリス・ジョンソンが勝利すると確信していました。

MMT(現代貨幣理論)に関するイベントが無ければ、イギリス関連の記事をアップロードできていたでしょうが、時間がありませんでした。
とても反省しています。

ボリス・ジョンソンは意外に穏健?

上記の動画をご覧ください。
保守党党首に就任し、イギリスの首相になったら、EU離脱問題が待ち構えています。

EU離脱をしたときの問題の一つに、EUとの間の関税をどのようにするのかという問題がございます。

上記の動画の中で、ボリス・ジョンソンは「輸入品に関税をかけたいとは思っていません」と明言しています。

もちろん、EU側の意見との擦り合わせなどがございますから、一筋縄ではいかないでしょうが、かなり穏健なイギリスのEU離脱(ブレクジット)を考えていると言えます。

私のように強靭な経済ナショナリストであれば、輸入品に関税をかける!当然だ!移民受け入れなんて辞める!外国資本など受け入れない!と言って、強硬姿勢を崩さないのではないかと。

イギリスらしいバランス感覚の持ち主であろうと思います。
ただ、問題はEU側がイギリスとの合意について再交渉するか否かです。

おそらく再交渉は無理であり、合意無きEU離脱が現実味を帯びてくるのではないでしょうか。

私個人としては、EUという地域大国が瓦解する姿を見ることができると思うとわくわくします。
まるでベルリンの壁が崩壊するときのような高揚感に包まれるでしょう。

EU離脱まで事実上20日くらい

10月31日の離脱協議期限までの日程を確認しておこう。
英国議会は7月26日から夏季休会に入り、次に議会が召集されるのは夏休み明け後の9月3日となる。
そこから2週間余り、議会を開催した後、秋に各党が党大会を開催するため、例年9月上旬から10月初旬にかけての3週間は再び休会となる。
議会の再会から、EUと離脱協議での合意を目指す10月17・18日の欧州首脳会議までわずか10日余り、10月末の最終的な離脱協議期限まで20日余りしかない。

https://toyokeizai.net/articles/-/293728?page=2

イギリスの国会は休み過ぎでしょ( ;∀;)
こんな政治日程では、EUとの合意交渉なんてできるわけありませんよ?

あの「鋼の女」メイ首相ですら、声がガラガラになって頑張っても議会の賛同を得られなかったのです。

ロンドン市長を二期8年ほど勤めたボリス・ジョンソンを疑うわけではありませんが、合意無きEU離脱以外の選択肢はないと思います。

保守党内部にも、EU残留派を抱え、総選挙になったとしても、よほどの強権を発動し、保守党内部のEU残留派に対抗馬を擁立して、そして勝たねばなりません。

ブレクジット党のファラージを頼れ!

怖いのは新首相への期待が失望に変わり、保守党の離脱支持者の奪還票が伸び悩み、第1のシナリオになる場合だろう。
離脱が争点となる総選挙で、離脱方針で保守党が協力できる相手はブレグジット党以外に見当たらない。
ブレグジット党を率いるのは、かつて英国独立党を率い、保守党政権の危機意識をたきつけ、国民投票の実施に追い込んだナイジェル・ファラージ氏だ。
英国独立党やブレグジット党に政権運営能力はない。
だが、ファラージ氏のような真性ポピュリストに、英国の未来を占う離脱協議の主導権を握られるとすれば、これほど怖いことはない。

https://toyokeizai.net/articles/-/293728?page=4

イギリスの将来を考えて、イギリスのEU離脱を成功させたいのであれば、ブレクジット党のファラージに協力を要請するのが妥当であると考えます。

すでに保守党政権の閣僚の中でEU残留派は閣内の留まるつもりはないとして、辞任する意向を表明しています。
参考URL: https://www.afpbb.com/articles/-/3236194

ファラージがまさかイギリスのEU離脱問題で裏切るということはないでしょう。

保守党内部のEU残留派は頼れない、労働党を頼るわけにはいかない、 自由民主党などの第三勢力を頼ることも危ぶまれているとなれば、ブレクジット党しかないと私は考えます。

移民を受け入れない、EUに縛られない、栄光ある孤立に回帰するという伝統的な英国外交をしっかりと見せていただきたいと切に願います。

以上です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
★★★ブログTOP★★★
記事が参考になりましたら、ブログランキングで応援お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-国際情勢
-, , , ,

Copyright© 反逆する武士 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.